MENU

マカオに来たので、マカオタワーにきました。

2週間に一回は、
マカオに来ないと行けないので、
今日はギリギリの日程で、
マカオ入りしました。
ケチって
カジノ行きのバスにのれば、
マカオタワーの近くに着くと思って、
意気揚々と乗り込んだら、
マカオタワーを通りこして、
高級ホテルへチェックイン!
あわわわ・・・
ということで、
タクシーの運転手に
「マカオタワーユーノー?」
と聞いたら、
「○△□△×○□×△△×○□×△!」
と威勢よく言われ、
いきなり走り出してしまい、、、
結局、マカオタワーとはズレた方向へ(笑)
「ちょっちょっと、分かんないの?」
「ねぇ、マカオタワー知らないの?」
「おい、知らないの!?」
と、最後は強めに言ったら、
「シラナイノーっ?」
って、返ってきて、
いやいや、
リピートアフタミー的な日本語の勉強ではないですよ。
って、
すまんすまん、
ここは日本じゃなかった。
ということで、
冷静に、車を止めてもらい、
タクシーの運転手から地図を借りて、
「ディス!ジェイゴっ!」
など、一生懸命な感覚が伝わるように、
威勢よく説明したら、
「OK!」
とのこと。
マカオタワーについてからは、
 タ ノ シ ン デ ネ !
的ないい感じの笑顔でバイバイしました。
迷った分のタクシー代も支払ったけど、
まぁ、数十円分なのでヨシとします。
そんな感じで、
無事、マカオタワーにつきました!
勝さんがマカオにつくまで、
一階で作業をしようと思ったのですが、
せっかく、タワーに来ているのですから、
登ってみることに!!!
今は、59階のCAFEにいまっす♪
色々で1880円くらいでした。
中国 153.jpg
やっぱり景色はいいですね♪
夜景はもっときれいみたいなんです。
マカオはカジノが有名で、
お金持ちがたっくさんいる街ですね。
僕みたいな若造の持ち金では、
勝負という感覚ではない感じかもです。
次に、マカオに来るときは、
そういう遊びもしようと思います♪
ところで、
中国の珠海(じゅはい)では、
全くと言っていいほど日本人には遭遇しないのですが、
マカオタワーでは、
お客さんの半分くらいが日本人です。
「あら、このエレベーター節電かしら」
「こわーい、でも慣れてきたー」
など、おぉ、知ってる音だぜ。
と思うような環境です。
中国 155.jpg
61階では、
バンジージャンプや、スカイウォークが出来るようです。
バンジージャンプにかなり興味をそそられ、、、
ハイマッチしたところ、
8、000円~30、000円の間くらいで、
いくつか、プランがあるとのこと。
そんなの絶対に30、000円が欲しくなるので、
今回の仕事のお給料が吹っ飛んで行く感覚に襲われ、
やむなく断念。。。
おとなしく、
スカイウォークしている女性をパシャリ。
中国 158.jpg
タノシソーダネー♪
話しは変わり、
マカオはカジノでめちゃくちゃ潤っているので、
住んでいると、
税金がマイナスらしいです。
一般市民的には、プラスということですね。
返ってくるというか、支給されるに近いですね。
色々な条件によって変化はあるとは思うのですが、
儲かっていると人って、
財布の紐がゆるくなるんですね。
法人の税制面も、
決算の申告が白色申告だそうで、
(領収書が要らないとかなんとか)
何だか、色々、情報集めのしがいがありそうです。
※マカオタワーWEB
http://www.macautower.com.mo/en/home/index.html
※マカオ観光局
http://www.macautourism.jp/index.php
==========================
僕が中国を勉強する上で大切な教材。
http://v.youku.com/v_show/id_XMjMxOTA0Nzk2.html
少しずつ、少しずつ。
==========================

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高井智久と申します。
日本で友人とネットショップを運営し時間ができたので、
2012年〜2013年の1年ほどネットショップの仕入れもかねて、
中国に1年間ほどビジネス移住した時のことをブログに残しています。

コメント

コメントする

目次