MENU

珠海の美容室に行ってきました♪というお話。

日本でめっちゃくちゃ流行っているビジネスとして、
美容室があると思うのですが、
中国の美容室はどんなものなのか興味があって、
勝さんにお願いをして連れて行ってもらいました。
どんな髪型になるんだろう???
という気持ちで行ったのですが、
まず、始まったのがシャンプー台のようなマッサージ台での、
手厚いマッサージですね。
マッサージといっても、
フェイシャルマッサージや、顔面パックなどなど、
(勝さん、愛子さん、ありがとうございますっ!)
シャンプーの延長で腰の上までコブシが入ってきて、
リンパマッサージのような感じでした。
痛気持ちよい、あれです。
中国 070.jpg
シャンプー&マッサージが終わると、
いよいよ、カットに入ります。
カットは、珠海の中ではおしゃれな人が担当してくれて、
中国語で色々とオーダーを取ってくれたので、
「ショート!」
「ユーフリー!」
など、申し訳ない感じでお願いしたところ、
中国なのでまったく通じず、
色々と悪戦苦闘していたら、
とにかく、カットがスタートしました。
途中からは、
愛子さんのお母さんも参戦して、
ここをもっと刈り上げたほうがいいのではないか、
的なことを連呼してくれて。
美容師さんも、「モーマンタイ!モーマンタイ!」
と言っていたのが聞き取れました。
中国 072.jpg
中国 073.jpg
中国 075.jpg
僕は基本的に短髪なのですが、
日本の美容室でカットすると、
どうしても、ソフトモヒカンみたいにされてしまって、
普通に坊主っぽくして欲しいと思っていたので、
結果的ですが、思ったようになりました。
ちなみに、
チャーミングホテルで作業をしていたら、
目の前に日本人が座っていて、
「あー、やっぱ中国って、Wifwつながらないな。。。」
的なことを話していたので、
「つながりますよ♪」
と、日本語で話しかけたら、
「日本人なんですかっ?」
と驚かれました。
中国で服を買って、
中国で髪を切ると、
もはや、中国人ですね(笑)
========================
今日、覚えた中国語
(中)ヂェイゴ!
(日)これ!
飲食店では、
写真を指差して「ヂェイゴ!」ですね。
========================

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高井智久と申します。
日本で友人とネットショップを運営し時間ができたので、
2012年〜2013年の1年ほどネットショップの仕入れもかねて、
中国に1年間ほどビジネス移住した時のことをブログに残しています。

コメント

コメントする

目次