MENU

2012 学生が来た! おぉー! 拳を握った。

少し前の話。
僕らのいる珠海に、
一人の大学生がやってきました。
お金、持ってない。
特にスキルない。
でも、来ちゃうみたい。
さて、どんな輩が来るのか。
教育係のお兄さんとしては楽しみな所です。
その名も隼人。
名前は格好いいじゃないですか。
Facebookでご挨拶。
イラストレーターの体験版をダウンロードしておいてねと、
まずは、優しく簡単な宿題をオーダー。
多少ドキドキしながら、
8歳年下の青年を迎える。
うん、楽しみだ。
どんな信頼関係を築こうか。
どんな話をしてやろうか。
おいおい、
気張りすぎるなって、
アドバイスなんてしすぎるなよ。
やっかいがられちゃうぞ♪
そんな事まで考える始末。
さて、この物語。
どんな結末を迎えるのか。
この時には、そんな事考える余裕もなかったのですが。。。
その輩。
まずは、写真で紹介します。
IMG_2861.jpg
ふかわ はやと 22歳
2週間後には、僕の目の前でこんな顔をするほどに、
ここから、続く彼の言動に、
僕は拳を握る事5回ほど。
今日は、僕が拳を握りしめるほどに、
感情が荒立った出来事を紹介しながら、
彼の人となりをお伝えしたいと思います。
================
一つ、夢がピュアすぎてむかつく。
================
隼人が珠海に到着して2日目。
教育係のお兄さんとしての威厳を保つため、
自慢のロケーションのカフェに連れて行き、
こんな台詞を飛ばしてやりましたよ。
「隼人はさ、将来どういうことがしたいの?」
うーん、いいじゃないですかー。
海外に来て、年上のお兄さんに、
仕事を押し付けられるわけでもなく、
将来の事を聞いてもらえるなんて、
豊かさリッチな感じじゃないっすか〜♪
彼は、あれですね。
恥ずかしそうに、悩ましそうに、
まっすぐにこんな事を言いましたね。
世界中で好きなビジネスがしてみたいです。
お金持ちになって六本木ヒルズに住んでみたいです。
それで、お金じゃないって気がついて、
自分の才能を活かす仕事がしたいです。

分からないでもない。
そうなんだよね。
そういう事、
20歳ちょっとの時って考えるよね。
ってか、知ってる!
夢を深めるワークで、
オレも書いた事ある!
そして、恥ずかしながら、
一回目の拳を握らせていただきました。
ケっ、俺は30になっても、
何がしたいかわからないっつーの!
その後、無難にコーチングまがいの対話をしながら、
大量の作業を振ってやりました(爆)
本当にお恥ずかしい話、
素直にココロの中を暴露すれば、
私はそんな感じでした。
それにしても、
この顔は、拳をにぎれる。
IMG_2861.jpg
================
二つ、遠慮ない撮影ポジションは心から拳を握れた。
================
僕の心の中で、色々ありながらも、
ネットショップのASPや、
イラストレーターを覚えながら、
作業に取り組む隼人を楽しませてやろうと、
一緒にマカオに繰り出しました。
グランドリスボアに行きたい!と言っていた彼。
金色のグランドリスボアの前では、
やはり、楽しそうでした。
うんうん、よかった。うん、よかった。
ここまでは、よかった。
問題はこの後、、、
観光にありがちな、
外人さんと写真の取り合いになり、
最後に一緒に記念撮影!
高井ちゃん的にもテンションが上がる一コマ。
よーし、うつるぞー!
ブログにものっけちゃうんだからーっ!
そんなテンションで撮った一枚がこちら。
IMG_2818.jpg
だからー!
前に出過ぎ!
遠慮とかないわけっ!
僕、30歳で、あなた、22歳、
引き算すると、答えは8!
エイトですと、パーでんねん!
しかも、
僕、先生みたいに色々教えてて、
一応、立場が少し上な感じもだせてるじゃん。
そうでしょ!?
ってか、
そのサングラス、どうにかならないかね。
まぁ、似合ってるけど、
それに比べて、
俺、ちょっと薄くなってきちゃってるし。
そこがまた、拳を握れる。
================
三つ、たまに飛び出す名言に、拳を握った。
================
この人。
22歳なりに、
色んな事を言ってくれます。
例えば、
2人で作業をしている時に、
僕が冗談ばかり言っていたら、
相当、迷惑だったようで、こんな名言を頂きました。
ビジネスはスピードですからね。遊びじゃないんですよ、こっちは。
あっ、むかつくー。
あっ、これ、拳にぎれる。
ある時は、一生懸命に作業方法を話していたら、
たまに、ブッ! ブぅ♪ と音がするんです。
その時は、椅子が動いちゃっている音かなって思ったんですが、
後日、
「ってか、おまえ、ちょいちょい、屁してねーか。」
と、思いきって聞いてみた所・・・
なっなんと、この名言が!
オレ、ココロを開いた人の前でしか音は出さないんです。
だから、ココロ開いてるってことですよ。

こっ、拳を握る気力も湧かないよ。
というか、そこか!?
音かっ!? その前に屁だろう!?
ココロを開くって、
屁で示すことか?
まぁ、ココロを許している友達の前では、
屁の音だしたりするかもしれないなと、、、
あながち、間違ってない感じがするのも、あいまって、
拳を握れそうになりながらも、
なんだか、もう、残念になっちゃって、、、
他にも続きます。
移動距離と勘の良さは比例するんですよ。
これは、後日談で、
高城剛さんのパクリと判明(涙)
うーん、まぁ、モデリングしたのね!
でも、高城さん曰くってやろうよ。
果てには、
ミャンマーに行こうかどうか迷っている僕に対して、
自分の目で見るから分かるんですよ。
と、一言。
思いましたね。
「おまえ、首しめっぞ!」
かなり、むかついたので、
一瞬で行く事にしましたが。。
最終的には、
僕が隼人の名言をメモっているを見つけた時に、
あっ、俺の名言いいっすか。
やだ。
なんか、メモ担当みたいじゃん。それじゃ。
それだけはやだ。
それに、なんだい?
君はなんだり?
君は僕が「メモをとること!」
と、いつも、言ってるのに、中々、メモろうとしないよね。
それね、実は結構ショックなのよ。
オレの言っている事。
あんまり、大した事無いのかもって、
ちょっと、心配になっちゃったりするのよ。
そして、オレはメモして成長してきただけに、
メモをする癖を持っていて、、、
あーーーー!!!
言うな!
言うな!
お前、みたいな奴の、名言なんて、
メモしたくなっ
全力で楽しむために、全力で計画する。
(にんまり)
しっ死んでくれ。
分かったよ。
アジア旅行の計画するよ。
飛行機、全部予約するよ。
もう、面倒臭がったりしないよ。
IMG_2861.jpg
もはや、大物の貫禄です。
================
四つ、想いを込めて貸したったのに・・・拳を涙で濡らしたよ。
================
隼人の一ヶ月間の寝床です。
IMG_2983.jpg
この足下の、、、
あっ、オレが貸した、
文章書く時に参考にしてといった。
ミスターダンの本だ。
IMG_2984.jpg
そんで、もって、
なんか、恥じっこの方。。。
IMG_2985.jpg
よごすなってーーーー
貸した本だと何だか
残念な気持ちになっちゃうじゃんかよー
この隼人。
文章のセンスが中々ありで、
これ以上文句が言えないあたり、
ここここ、、、、拳を握れましたね。
IMG_2861.jpg
後ろの暗闇から不意打ちでもしてやろうかと。。。
================
五つ、パニクってフリーズする時、拳が握れた。
================
たった、一ヶ月間とは言え、
僕も本気でコミットしてきたので、
大切な部分の仕事も任せていく事にしました。
IMG_3098.jpg
まぁ、無理も無いのですが、
初めての作業が連発したり、
「なんで、オレ、できねーんだよ。」
とか、
「みんなに、ついていけねー!」
とか、考えだすと、
思考や手が止まります。
そんな時は、
拳を握って、
頭を軽く小突きたくなりましたね。
おちつけって。
お前、落ち着けばできんだろ。
そう思いましたね。
まぁ、最後の拳は、
僕の優しさという事で、
平和に事をおさめていこうということです。
なんというか、
高井ちゃんはいい男だということが、
そういう事が伝われば、
まぁ、いいのかなと思います。
えーーーーっ!
というリアクションを期待しています。
===============
高井チャイニーズ!
(中)ダンイーシャ
(日)ちょっと、まっとぉせ
レストランで注文を悩んでいる時など、
ダンイーシャって言ってください。
少したったら、また来てくれます。
==============

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高井智久と申します。
日本で友人とネットショップを運営し時間ができたので、
2012年〜2013年の1年ほどネットショップの仕入れもかねて、
中国に1年間ほどビジネス移住した時のことをブログに残しています。

コメント

コメントする

目次